大人のADHD

ADHDの原因 神経伝達物質の伝達障害

 神経伝達物質の伝達不全がADHDの原因の1つとされています。ADHDの人は、シナプス(情報伝達を行う部位)間の神経伝達物質(ノルアドレナリンなど)の密度が低く、情報伝達が正しく行われていないと考えられています。

 

 神経伝達物質はシナプスから放出されて、別の神経細胞の受容体に結びついて情報を伝達します。その後、トランスポーターというシステムによって、神経伝達物質を再取り込みし、元の神経細胞に戻ります。これが通常の方の神経伝達物質の情報伝達の仕組みです。

 

 ところがADHDでは、トランスポーターが過剰に働き、シナプスから放出された神経伝達物質を取り込みすぎてしまい、情報が伝達されにくい状態になっています。

大人にも使える薬物「ストラテラ」

 2012年8月、成人のADHD治療薬として「ストラテラ」が使えるようになりました。成人のADHD治療薬としては初めての適用です。
 ストラテラは、トランスポーターと結合することで、神経伝達物質(ノルアドレナリン)の過剰な再取り込みを防ぎます。

 

 2013年12月、コンサータも「大人のADHD」の患者に使えるようになりました。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

ADHDの原因 神経伝達物質の伝達障害関連ページ

ADHDの原因 脳の機能障害
ADHDの人は、衝動性、多動性、不注意の症状が現れやすい脳の作りをしているのです。前頭前野や腹側線条体に障害が見られます。
ADHDと遺伝の関係
ADHDは脳の機能障害が原因ですが、それは遺伝するのでしょうか?