大人のADHD

ADHDと遺伝の関係

 ADHDは遺伝するのでしょうか?
 親がADHDの場合、脳の機能障害が子どもに遺伝し、子どももADHDになる可能性が高いです。ただ、必ず遺伝するわけではありません。
 遺伝的な要因がADHDの原因の全てではありませんが、大人のADHDの人は遺伝的要素が発達過程に異常を生じさせていた場合もあります。

発達障害は多因子性疾患

 ADHDを含む発達障害は多因子性疾患といわれています。多因子性疾患とは、遺伝が原因だけでなく、育てられた環境などの相互作用によって発症する疾患のことです。親がADHDに関わる遺伝子的な問題を持っているからといって、必ずしも子どもに遺伝するわけではありません。
 生活環境の問題としては、親の喫煙や受動喫煙、飲酒、空気汚染、化学物質などの環境ホルモンが成長過程に影響を与えることが分かっています。また、出生時のトラブルや低出生体重児も関係があるといわれています。
 ADHDの親に育てられたために、子どものADHDの症状が強くなることもあります。例えば、子どもに地道な勉強の習慣を身につけさせなかったり、親の衝動的な生活スタイルを子どもに見せてしまったりするなどがADHDの発症に関係があるといわれています。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

ADHDと遺伝の関係関連ページ

ADHDの原因 脳の機能障害
ADHDの人は、衝動性、多動性、不注意の症状が現れやすい脳の作りをしているのです。前頭前野や腹側線条体に障害が見られます。
ADHDの原因 神経伝達物質の伝達障害
神経伝達物質がうまく伝達されてないことがADHDの原因の1つであると考えられています。