子どものADHD

乳幼児期でのADHDの特性の現れ方

 乳幼児期でのADHDの特性の現れ方を紹介します。

 

生後すぐ

 ADHDの子どもは、生後すぐに特徴的な症状が現れることはほとんどありません。

 

2歳〜3歳頃

 2歳前後になると、どこか他の子どもと違っているなあと気づき始めます。次のような症状が現れます。

  • 何回注意しても、言うことをきかない。
  • 他の子に比べて落ち着きがない。

 

3歳〜4歳頃

 成長するとさらに症状がはっきりしてきます。次のような症状が現れます。

  • じっとしていられない。
  • 興味が次々と移る。
  • 躾ができない。

 

 3歳児健診では、ADHDを含む発達障害の検査を行い、発達障害の傾向があるかどうかを把握します。次のような検査を行います。

  • 親に対して、子どもの様子を聞かれる。
  • 子どもに対して、名前や年齢など簡単な質問への応答、色の認識検査など、簡単な発達検査を行う
  • 健診会場での子どもと親との関わり、または他の子どもとの関わりを観察される。
ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

乳幼児期でのADHDの特性の現れ方関連ページ

ADHDは発達障害のひとつ
ADHDは発達障害のひとつです。発達障害におけるADHDの定義、位置づけ、特性を紹介します。
ADHDが「治る」ことはないが、緩和することはできる
ADHDを含む発達障害は、原因が脳の先天的な障害によるものなので、「治る」ことはない障害です。しかし、適切な教育によって、より良い成長ができる可能性があります。
ADHD児童への対応
ADHD児童への対応の仕方を紹介します。