子どものADHD

ADHDは発達障害のひとつ

 ADHDは発達障害のひとつです。発達障害におけるADHDの定義、位置づけ、特性を紹介します。

 

 発達障害は大きく、精神遅滞、広汎性発達障害、特異的発達障害に分かれ、ADHDは特異的発達障害に属します。

 

 特異的発達障害は、全体的な能力は年齢に応じて発達するのに対し、ある部分的な能力に著しい遅れがみられるのが特徴です。特異的発達障害にはADHDのほか、LD(学習障害)などがあります。

 

 ADHDは特異的発達障害ですが、他と重なりあうこともあります。例えば、ADHDの人が広汎性発達障害であるアスペルガー症候群のある特性を持っていることもあります。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

ADHDは発達障害のひとつ関連ページ

ADHDが「治る」ことはないが、緩和することはできる
ADHDを含む発達障害は、原因が脳の先天的な障害によるものなので、「治る」ことはない障害です。しかし、適切な教育によって、より良い成長ができる可能性があります。
乳幼児期でのADHDの特性の現れ方
乳幼児期でのADHDの特性の現れ方を紹介します。
ADHD児童への対応
ADHD児童への対応の仕方を紹介します。