ADHDコラム

収納グッズに走らないようにする

 片付けができないADHDの方の特徴として、まず収納グッズを買ってしまうという人がいます。
 収納グッズを買っても、片付けができるようになるわけではありません。かえって、部屋のスペースを潰してしまい、一層片付かなくなってしまいます。

 

 例えば、部屋に物がすごくあふれていて困っていた時に、衝動的に机を買ってしまったりします。買った時は、これで物を置くスペースができると得意げになるのですが、数ヶ月経つと、やっぱり物であふれてしまいます。机の分、物を整理するスペースが減ってしまっただけでした。

 

 他にも、本棚やチェストなどの収納グッズを買ったりして失敗する人も多くいます。結局、物が増えるだけで整理ができないのです。

 

 こちらの記事で紹介しているように片付けの基本は、まず捨てることからです。=>片付けができない|ADHDな大人
 そして、物を増やさないルール作りができた後、収納場所を考える段階になって初めて、収納グッズを買う検討をしましょう。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

収納グッズに走らないようにする関連ページ

大元帥スヴォーロフはADHD!?
大元帥スヴォーロフの逸話をみると、彼はADHDであったようにみえます。
コンサータが大人のADHDにも使えるようになりました
ADHDの薬コンサータが大人のADHDにも使えるようになりました。
注意欠陥・多動性障害が注意欠如・多動症に
日本精神神経学会は、精神疾患の病名に関する新しい指針を発表しました。注意欠陥・多動性障害(ADHD)は注意欠如・多動症になる見込みです。
片付けられない人はADHDか?
片付けられない人はADHDなのでしょうか。また、片付けができるからADHDではないと言えるのでしょうか。
ADHDの良いところは?
ADHDというと障害ととらえられがちですが、逆に良いところはあるのでしょうか。
医師はADHDかどうかを問診だけでわかるものなのでしょうか?
発達障害を専門とする医師はADHDかどうかを問診だけでわかるものなのでしょうか?
脳血流からADHDを見分ける方法を発表
自治医科大と中央大の研究グループが脳血流によってADHDかどうかを判定する方法を発表しました。
ADHDの治療薬を開発へ/大日本住友製薬
頭部にダメージを受けたことがある人ではADHDが多い
頭部にダメージを受けたことがある人ではADHDが多いことがカナダの研究班より報告されました。