ADHDコラム

コンサータが大人のADHDにも使えるようになりました

 ADHDの薬コンサータ(一般名:メチルフェニデート塩酸塩)が大人のADHDにも使えるようになりました。

 

 これまでコンサータは18歳未満で診断された患者のみ使えました。しかし、2013年12月、厚生労働省はコンサータの適用を拡大し、18歳以降にADHDを診断された「大人のADHD」の患者にも使えるようになりました。

 

 大人のADHDの治療薬としては、ストラテラ(一般名:アトモキセチン塩酸塩)に続いて2剤目です。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

コンサータが大人のADHDにも使えるようになりました関連ページ

大元帥スヴォーロフはADHD!?
大元帥スヴォーロフの逸話をみると、彼はADHDであったようにみえます。
注意欠陥・多動性障害が注意欠如・多動症に
日本精神神経学会は、精神疾患の病名に関する新しい指針を発表しました。注意欠陥・多動性障害(ADHD)は注意欠如・多動症になる見込みです。
片付けられない人はADHDか?
片付けられない人はADHDなのでしょうか。また、片付けができるからADHDではないと言えるのでしょうか。
ADHDの良いところは?
ADHDというと障害ととらえられがちですが、逆に良いところはあるのでしょうか。
収納グッズに走らないようにする
片付けができないADHDの方の特徴として、まず収納グッズを買ってしまうという人がいます。
医師はADHDかどうかを問診だけでわかるものなのでしょうか?
発達障害を専門とする医師はADHDかどうかを問診だけでわかるものなのでしょうか?
脳血流からADHDを見分ける方法を発表
自治医科大と中央大の研究グループが脳血流によってADHDかどうかを判定する方法を発表しました。
ADHDの治療薬を開発へ/大日本住友製薬
頭部にダメージを受けたことがある人ではADHDが多い
頭部にダメージを受けたことがある人ではADHDが多いことがカナダの研究班より報告されました。