大人のADHD

CAARS

 CAARSは大人のADHDの自己記入式のチェックリストで、ADHDの重症度を把握するためのものです。CAARSは、Conners’Adult ADHD Rating Scalesの略です。

 

 全66の質問項目があり、それぞれの質問に「全く当てはまらない」から「非常にあてはまる」までの0〜3の四段階で答えていきます。

 

 採点により、次の項目について、どのくらいの位置にあるのかが、折れ線グラフで視覚化されます。

 

A.不注意、記憶の問題
B.多動性、落ち着きの無さ
C.衝動性、情緒不安定
D.自己概念の問題
E.DSM-4 不注意型症状
F.DSM-4 多動性、衝動性型症状
G.DSM-4 総合ADHD症状
H.ADHD指標

 

 自己記入のチェックリストですが、回答に矛盾があることを示す矛盾指数も算出されます。これが高いと、医師も結果を慎重に分析せざるを得なくなります。当たり前のことですが、CAARSを受ける際は、正直に答えるようにしましょう。

 

 CAARSは初診時の診断で使われたり、治療の途中経過をチェックするために使われたります。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

CAARS-ADHDの検査関連ページ

AQ-J
AQ-Jは自閉症スペクトラム指数の日本語版です。ADHDではよくアスペルガー症候群などの自閉症スペクトラム障害を合併していることがあります。AQ-JはADHDと自閉症スペクトラム障害のどちらが優位のなのかを検査するために使用します。
WAIS-3
WAIS-3はADHDを含めた発達障害の診断に使われる知能検査です。