大人のADHD体験談

数字と向き合うなかで症状が悪化した

30代女性

 

発病までの背景

 私は姉が1人いる4人家族でした。
 小学生の頃は、ずっと席に座っていることができなかったり、テストも途中で毎回席を立ったりしていたために、単純に集中力がない落ち着きのない子として見られていました。
 しかし、中学、高校、と進むにしたがって、やはり深刻な病気じゃないか、という目で見られだしました。
 私の場合は、ADHDの症状のなかでも多動性や衝動性が強く、それが年を経るにしたがって収まるのではなく、より顕著になっていきました。

 

大人になって現れたADHDの症状

 私は某企業の経理関係に大卒後、就職したのですが、日々、煩雑な数字と向き合う中で、よりADHDの症状が顕著になり、ミスも頻発しました。
 それも難解なものではなくて、むしろケアレスミスが多かったわけです。医師の診断を受けたところ、ADHDのなかでも注意欠陥型の障害だといわれました。
 自覚としては、数字に向き合っていても、急に抑えられない衝動が生じ、まったく関係ないこと、当時付き合っていた彼氏のことであったり、友人のこと、また家族のことを考えたりしました。しかし、考えているときには、それを考えているという自覚がなく、上司からの声でハッと我に帰るということが何度もありました。
 そして、やはりその職場では長く続けることができず、いまではアパレル関係の仕事をしています。

 

私が行った治療

 私は高校生になってから、はじめてヒアリングやテストなどでADHDと診断されました。以来、定期的に同じ病院にかかっています。
 そして、時期によって症状が重いときと、また軽くなることがわかりました。また、1日のなかでも、衝動性が激しいときと、そうでないときがあります。
 こういったことも、同じ病院に通い続けているからこそ、医師が私の心と体のことをよく理解してくれ、わかってきたことです。
 そして、そういった症状の悪化と快方の周期は、まさにランダムにやってきます。しかし、1日中悪いということもなく、良い時間帯はかならずあるということもわかりました。
 こういった自分への理解が、ADHDの治療なのだといまではよくわかっています。

 

その後

 ADHDの治療の中で、私に合っているのは、いわゆる立ち仕事だと感じました。
 ずっと同じ場所で座って、同じ様な単調な仕事を繰り返すと、衝動性が顕著なときにかならずミスをしてしまうからです。
 そのため、いまではアパレルショップで働いていて、接客や備品管理など、動き回っていると、衝動性があっても気を紛らわせてミスをすることは少ないです。
 症状が落ち着いているときは、レジや在庫、入荷の伝票を作成するなど、比較的に静的な仕事をします。このような静と動が組み合わさった仕事が、私には一番向いていると感じています。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

大人のADHD体験談-数字と向き合うなかで症状が悪化した関連ページ

ADHDは治療をすれば改善する
私は子供の頃から集中力が続かないとか落ち着かないと言われ続けてきて、自覚もしていました。
うちの子が少しおかしいと感じました-ADHD体験談
5歳の子供は入園後、片付けができない、じっとしていられないといった特徴が現れてきました。
ADHDかもしれないと感じたときは医師に相談を
就職して仕事を始めてから、もしかしたら自分は何かの病気なのかもしれないと疑うようになりました。
性格だと思って見過ごしていませんか?-ADHD体験談
物忘れが酷かったり、時間の管理が人一倍ルーズだったり…これらの症状を、自分の性分なのだと決めつけていませんか?
ADHDの男の子との接し方
私の子供は女の子なのですが、1番仲が良いママ友の子供(男の子)が、「多動性・衝動性優勢型」のADHDです。
ADHDという言葉との出会い
今から20年ほど前のことですが、当時私は、やたらと育てにくい息子に手を焼いていました。
ADHDの治療に焦りは禁物
ADHDは完全に治る病気ではありませんが、寛解が可能な病気です。
ADHDの兄を持つということ
兄が言って良いことと悪いことの区別がつかずに発言をするため、子供の頃から弟としてフォローをしてきました。
ADHDに向き合うことの大切さ
ADHDの症状には、大人になってからも悩まされます。
ADHDの息子のことを考えると不安で仕方がありません
6歳の男の子を持つ母親ですが、昨年ADHDと診断されて、大きなショックを抱えてしまいました。
ADHDということがはっきりしてよかった
自分の子供だけ他の子達とは違う感じがあって、もしかして何かしらの障害などがあるのではないかと不安に思うようになったのです。
ADHDだったことに驚きはありませんでした
ADHDだと診断されたときには、驚きはなくむしろ病気であることがわかったことでホッとした思いがありました。
じっとしていられない子ども 早めにADHDとわかってよかった
落ち着いてじっとしているということが苦手なようでこれは少し様子がおかしいかもしれないと思うようになったのです。
大人のADHD体験談-家族のため、社会に適合するよう頑張っている
仕事でも自分がこれでよいというところが、上司からすると仕事が完了していないと言われ、違和感を感じ、どうやら自分は人とは違うのだと思うようになってきました。
大人のADHD体験談-上司が配慮してくれるようになった
私がADHDと診断を受けてから、上司は配慮してくれるようになりました。例えば、これまでマニュアル以外のことは口頭で注意をしていましたが、それが書面で注意するようになりました。
大人のADHD体験談-ケアレスミスが多いのに、仕事ができる人間と思われたかった
「仕事で認められたい」「仕事ができる人間と思われたい」との気持ちが強く、今から振り返ると本来的には苦手であることを、必死に頑張りすぎてストレスを抱えていたなと思います。
大人のADHD体験談-カウンセリングで欠点を直視できるようになった
月に一度の通院でカウンセラーと対面して、様々なケーススタディで周りが自分のことをどう見ているのかを学習していきました。欠点を直視するようで非常に辛いものでしたが、何となく嫌われていたところの理由がわかってきました。
大人のADHD体験談-ミスを繰り返すので働けなくなった
同じようなミスを繰り返してしまうので、その度に怒られます。そして次第に精神状態が不安定になり、働けなくなりました。
大人のADHD体験談-適切に治療を受け障害者手帳を利用しつつ普通に生活できている
ADHDでも普通に仕事をして結婚できるので、お医者さんの指示のもと、カウンセリングや薬物療法をしっかりと受けてくださいね。また、私の場合は障がい者手帳をもらうことができたので、これも普通に生活できている理由のひとつです。
大人のADHD体験談-母と一緒にADHDと向き合っている
物を無くしたり、何かうまくいかなかった時などは、必ずメモを取るようにしています。それを帰宅後に母に見せて、母とともに解決策を考えるというようなやり方をしています。有難いことに母はとても親身になって私に寄り添ってくれました。
大人のADHD体験談-自分をコントロールできるよう訓練中です
自分で何とか前に進もうと、お医者さんに言われたとおりに自分をコントロールする、リラックスさせる、自分の時間をどのように使うか考えるといった訓練をしています。
大人のADHD体験談-5分で集中力が切れてしまう
あまりにも授業に集中できず、病院にいったところ、ADHDと診断されました。