大人のADHD

アスペルガー症候群

 アスペルガー症候群は、会話が苦手で異常なこだわりが見られ、それでいて知的な遅れがないのが特徴です。日常生活がスムーズにいかないこともあり、仕事面でも生活面でも苦労が絶えません。

 

ADHDとアスペルガー症候群の違い

 ADHDの方に見られる多動性は場面に関係なく、いつでも動きます。アスペルガー症候群の人は、その場の雰囲気や暗黙のルールを理解していないときに動きまわることがあります。また、ADHDの人は集中する時間が短いといった特徴がありますが、アスペルガー症候群の人は好きなことに関しては集中して取り組みます。

 

 対人関係においては、ADHDの人は周囲の反感を買うような行動のため、トラブルを起こしやすいですが、基本的に相手を理解しようとする気持ちがあります。一方、アスペルガー症候群の人は、他人を理解するという気持ちが希薄なため、失礼な態度や発言をしたりして、相手を怒らせてしまうことがあります。

 

 アスペルガー症候群の人は興味の幅が狭く、異常なこだわりを見せることがありますが、ADHDの人には極端な執着やこだわりはみられません。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

アスペルガー症候群-ADHDと間違いやすい病気関連ページ

うつ病-ADHDと間違いやすい病気
ADHDと間違いやすい病気―うつ病を紹介します。
不安障害-ADHDと間違いやすい病気
ADHDと間違いやすい病気―不安障害を紹介します。