認知行動療法-ADHDの治療

認知行動療法

 認知行動療法とは、”認知の歪み”という考え方のクセを矯正していく療法です。

 

 代表的な認知の歪みには次のようなものがあります。

  • マイナス思考…全てを悪い方向へ考える。
  • 過度な一般化…ひとつの見方を全体に当てはめて考える。
  • べき思考…「〜しなければならない」と決めつけて考える。
  • 二曲思考…ものごとを0か1かで考える。白黒思考、二者択一思考とも。

 

 ADHDなどの発達障害の人は、このようなマイナス思考などの考え方を持ちやすく、自己評価が低くなりがちです。

 

 職場や生活の環境改善や行動改善が進んでいても、どうしても自己評価が低くなってしまう人などに、認知行動療法は有効です。医師と相談しながら進めていきます。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

認知行動療法-ADHDの治療関連ページ

ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談
ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談を紹介します。
効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談
効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談を紹介します。
ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談
ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談です。
小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談
小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談です。
幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談
幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談です。
子供のADHDの治療について
子供のADHDの治療について紹介します。
ADHDは何科で受診する?
ADHDは何科で受診すればよいでしょうか。
【体験談】早期治療の大切さを感じました
ADHDのお子様がいる方が早期治療の大切さを感じたという体験談を紹介します。
【体験談】他の治療をしているうちにADHDが露呈
他の精神疾患の治療をしているうちにADHDが露呈したという方の体験談を紹介します。
ADHDの薬
ADHDの薬を紹介します。
カウンセリング療法-ADHDの治療
カウンセリング療法によるADHDの治療について紹介します。