ADHDの治療

ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談

 ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談です。

 

 ADHDは、注意欠如多動性障害のことをいいます。 通常よりも注意力がなく、こうした障害を特徴的に持っている行動力の障害といわれています。神経生物学的な障害とも言われており、症状としては基本的には三つに分かれます。一つは不注意、二つ目は多動性、三つ目は衝動性です。

 

 一つ目の不注意の症状としては、注意力の欠如があげられます。小さいことや細かいことなどに注意を払うことができないのです。また、注意力が払えてたとしても、それを持続することができにくいのです。周りの刺激などに気が散って注意力が維持できないのです。通常の生活では、簡単なことでも不注意による間違いや途中での作業放棄、話を聞けない、忘れ物の常態化などが特徴的です。

 

 二つ目の多動性の症状としては、いつもせわしなく動きまわったりする。体をいつも動作させて落ち着かない様子であったり、よく多弁になったりします。

 

 三つ目の衝動性は、物事の結果などを考えないで行動したり、自分や身近な人を危険さらしたり、物を壊したりするものです。この他としては、順番を待つ行為ができない、人の話を遮る、頓珍漢な脈略のない質問や話をするなどがあります。

 

 こうした症状は、幼少期から出てきますが、学校などの集団生活などで支障をきたすようになり、気付きます。ADHDの治療としては、薬物療法や生活技能向上訓練、親子間の訓練、教育的な指導治療があげられます。

 

 さて、私はADHDは子供特有なものだと思っていました。しかし、上述の症状は大人になった今でも出ていて、これはおかしいと思い受診したところ、ADHDだと診断されました。ADHDは大人の私には関係のないものだと思ってたので診断を聞いた時はショックでした。

 

 しかし、症状や治療については知識があったので、前向きに治療や症状の緩和に取り組んでいけています。確かな知識があればADHDの治療もスムーズにいきやすいのだと実感しています。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談関連ページ

ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談
ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談を紹介します。
効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談
効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談を紹介します。
小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談
小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談です。
幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談
幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談です。
子供のADHDの治療について
子供のADHDの治療について紹介します。
ADHDは何科で受診する?
ADHDは何科で受診すればよいでしょうか。
【体験談】早期治療の大切さを感じました
ADHDのお子様がいる方が早期治療の大切さを感じたという体験談を紹介します。
【体験談】他の治療をしているうちにADHDが露呈
他の精神疾患の治療をしているうちにADHDが露呈したという方の体験談を紹介します。
ADHDの薬
ADHDの薬を紹介します。
認知行動療法-ADHDの治療
認知行動療法によるADHDの治療について紹介します。
カウンセリング療法-ADHDの治療
カウンセリング療法によるADHDの治療について紹介します。
ADHD改善プログラム
ADHDは基本的に脳の障害なので、完全に治るということはありません。しかし、改善は可能です。それには正しい知識と実践が必要です。このページでは改善に極めて有効な資料を紹介します。