ADHDニュース

ADHDニュース記事一覧

ADHDの理想的な生き方|手に職をつけて組織のストレスから脱却

 ADHDの方はその特性から周りの方とトラブルを起こしがちです。 組織で働くことも苦手、ルールに縛られることも苦手。 企業SEとして働き、身につけたプログラミングスキルでフリーとして活動。 ADHDの方にとって理想的な生き方ともいえるでしょう。https://nikkan-spa.jp/148852...

≫続きを読む

色選びでADHDを簡単検査

 注意欠陥多動性障害(ADHD)を簡単な検査で判断する仕組みが開発されました。 タッチパネルを使った色選びでADHDかどうかを見極めるというものです。 例えば、黄色で「あか」と表示されたとき、迷いがあったり、他に触れたい衝動があったりするかを観察します。 この方法を使った検査でADHDを88%という...

≫続きを読む

怒りを覚えたら6秒数える

 ADHDの方は急に怒りを爆発してしまいがち。簡単な対処法を紹介します。 その対処法とは 「6秒数える」 それだけです。 カチン!ときたら、6秒数えましょう。 6秒我慢すれば、「アドレナリン」がピークを過ぎるからです。 深呼吸するとなお良いです。 頭にきたら6秒我慢。 ADHDの方はこれを実践してい...

≫続きを読む

ADHDの脳構造の特徴をAIで解明

 福井大学子どものこころの発達研究センターの友田明美教授とジョンミンヨン特命教授らは、人工知能(AI)によるADHD児の脳構造の解析に成功。AHD児には特定の脳部位に特徴があることを明らかにしました。 AIは画像データによる学習を得意としています。 今後も「MRIの画像データ+AI」による、さまざま...

≫続きを読む

子ども精神科外来 初診待ち解消へ枠組みを超えた連携を

 福島県立矢吹病院にある「児童思春期外来」の2017年度の延べ患者数は2270人に上り、過去最多となりました。 初診待ちの患者も多く、医療機関と行政の枠組みを超えた連携が求められています。http://www.minyu-net.com/shasetsu/shasetsu/FM20181227-33...

≫続きを読む

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

ADHDの症状を軽減する薬

「うつ症状」を軽減する

「パロキセチン」
パキシルのジェネリック薬品です。

「不安」を軽減する

「セルタファイン」
ジェイゾロフトのジェネリック薬品です。

ADHDの悩みを解決する本

「忘れ物」や「片付け・掃除」の悩みを解決する

「段取り力」を身につける

=>その他ADHDの悩みを解決する書籍