大人のADHD

うつ病

 うつ病やうつ状態になると、気分の落ち込みが見られ、眠れなくなったり、食欲が低下したりします。それまで好きだった趣味をやめてしまったり、将来が不安になったりして、意欲や行動力の低下がみられたりします。このようなうつ病の症状により、食事の準備や片づけなど、これまであたりまえにできていたこともできなくなり、ADHDの症状と間違えられることがあります。

 

 ADHDの人はストレスに弱い傾向にあります。さらにADHDの特徴である他動性や不注意、衝動性のために失敗を繰り返すことで、自信がなくなり、二次障害としてうつ病を発症する人もいます。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

ADHDの症状を軽減する薬

「うつ症状」を軽減する

「パロキセチン」
パキシルのジェネリック薬品です。

「不安」を軽減する

「セルタファイン」
ジェイゾロフトのジェネリック薬品です。

ADHDの悩みを解決する本

「忘れ物」や「片付け・掃除」の悩みを解決する

「段取り力」を身につける

=>その他ADHDの悩みを解決する書籍

 

 

うつ病-ADHDと間違いやすい病気関連ページ

アスペルガー症候群-ADHDと間違いやすい病気
ADHDと間違いやすい病気―アスペルガー症候群を紹介します。
不安障害-ADHDと間違いやすい病気
ADHDと間違いやすい病気―不安障害を紹介します。