子どものADHD

ADHDが「治る」ことはないが、緩和することはできる

 ADHDを含む発達障害は、原因が脳の先天的な障害によるものなので、「治る」ことはない障害です。しかし、治療で緩和できたり、適切な教育によって、より良い成長ができる可能性があります。

 

 発達障害は原因が完全には解明されていません。しかし、最近の研究では、発達障害は先天的な障害であり、脳の前頭葉、間脳、小脳、海馬などの働きが関係しているとされています。

 

 そのため、ADHDは完全には「治る」ことのない障害です。しかし、ADHDは薬物治療によって、症状が緩和される場合もあります。

 

 ADHDの子どもは発達に偏りがあるかもしれませんが、適切な支援や教育によって、長所を伸ばしていくことができます。国は「発達障害者支援法」をつくり積極的に支援していく取り組みをみせています。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

ADHDの症状を軽減する薬

「うつ症状」を軽減する

「パロキセチン」
パキシルのジェネリック薬品です。

「不安」を軽減する

「セルタファイン」
ジェイゾロフトのジェネリック薬品です。

ADHDの悩みを解決する本

「忘れ物」や「片付け・掃除」の悩みを解決する

「段取り力」を身につける

=>その他ADHDの悩みを解決する書籍

 

 

ADHDが「治る」ことはないが、緩和することはできる関連ページ

ADHDは発達障害のひとつ
ADHDは発達障害のひとつです。発達障害におけるADHDの定義、位置づけ、特性を紹介します。
乳幼児期でのADHDの特性の現れ方
乳幼児期でのADHDの特性の現れ方を紹介します。
ADHD児童への対応
ADHD児童への対応の仕方を紹介します。