ADHDニュース

色選びでADHDを簡単検査

 注意欠陥多動性障害(ADHD)を簡単な検査で判断する仕組みが開発されました。

 

 タッチパネルを使った色選びでADHDかどうかを見極めるというものです。

 

 例えば、黄色で「あか」と表示されたとき、迷いがあったり、他に触れたい衝動があったりするかを観察します。

 

 この方法を使った検査でADHDを88%という高い精度で判別できたそうです。

 

 今後の展開が期待されます。

 

https://this.kiji.is/438570869651145825?c=92619697908483575

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

ADHDの悩みを解決する本

「忘れ物」や「片付け・掃除」の悩みを解決する

「段取り力」を身につける

=>その他ADHDの悩みを解決する書籍

 

 

色選びでADHDを簡単検査関連ページ

ADHDの理想的な生き方|手に職をつけて組織のストレスから脱却
企業SEとして働き、身につけたプログラミングスキルでフリーとして活動。ADHDの方にとって理想的な生き方ともいえるでしょう。