ADHDニュース

ADHDの脳構造の特徴をAIで解明

 福井大学子どものこころの発達研究センターの友田明美教授とジョンミンヨン特命教授らは、人工知能(AI)によるADHD児の脳構造の解析に成功。AHD児には特定の脳部位に特徴があることを明らかにしました。

 

 AIは画像データによる学習を得意としています。
 今後も「MRIの画像データ+AI」による、さまざまな病態の解明が期待されます。

 

福井大学、ADHDの脳構造の特徴を人工知能により解明することに成功 | 大学ジャーナルオンライン

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

ADHDの症状を軽減する薬

「うつ症状」を軽減する

「パロキセチン」
パキシルのジェネリック薬品です。

「不安」を軽減する

「セルタファイン」
ジェイゾロフトのジェネリック薬品です。

ADHDの悩みを解決する本

「忘れ物」や「片付け・掃除」の悩みを解決する

「段取り力」を身につける

=>その他ADHDの悩みを解決する書籍

 

 

ADHDの脳構造の特徴をAIで解明関連ページ

ADHDの理想的な生き方|手に職をつけて組織のストレスから脱却
企業SEとして働き、身につけたプログラミングスキルでフリーとして活動。ADHDの方にとって理想的な生き方ともいえるでしょう。
色選びでADHDを簡単検査
注意欠陥多動性障害(ADHD)を簡単な検査で判断する仕組みが開発されました。
怒りを覚えたら6秒数える
ADHDの方は急に怒りを爆発してしまいがち。簡単な対処法を紹介します。
子ども精神科外来 初診待ち解消へ枠組みを超えた連携を
福島県立矢吹病院にある「児童思春期外来」の2017年度の延べ患者数は2270人に上り、過去最多となりました。初診待ちの患者も多く、枠組みを超えた連携が求められています。