ADHDな大人

ケアレスミスが多い

症状

 ADHDの人は衝動性や不注意によりケアレスミスがとても多いという特徴があります。ワーキングメモリーが小さいのでやるべきことを忘れがちで、その結果ミスが多くなるのです。うっかりミスは誰にでもあるものですが、あまりにも多いと周りから”使えない人”と思われてしまいます。社会では、早くてミスが多いより、ゆっくりでも正確さを求められる場面が多いです。

【対策】ケアレスミスが多い

作業のルーチン化

 毎日の業務をルーチン化することです。決めたやり方を、手順として書き残しましょう。決めたやり方を決めた時間に行い、くり返しながら習慣化しましょう。

 

手帳の書き方を工夫する

 視覚的に分かるように工夫してみましょう。

  • 蛍光マーカーを使う
  • 囲みを付ける
  • 付箋を貼る

 

携帯電話やスマートフォンを活用

 アラームやカレンダー、メモを活用しましょう。携帯電話やスマートフォンは忘れにくい物なので、うっかり忘れ防止に効果的です。