ADHDな大人

途中で挫折する

 ADHDの人は、途中で挫折してしまう人が多いです。
 行動力はあるのですが、途中で面倒になると投げ出してしまいます。

 

 仕事においては、思いついたことをよく検討しなかったり、仲間と相談しなかったりして先走りし、結果的に失敗することもよくあります。また、せっかく行動しても、ちょっと壁にぶつかったとたんに面倒になって、投げ出してしまうこともあります。
 こういったことを繰り返すうちに、「あいつはダメな人だ」「いい加減な人だ」というレッテルを貼られてしまいます。

 

 家事においても、効率良くできなくて、時間通りに終わらず、途中で投げ出してしまったりします。自分はダメだと落ち込んでしまい、自信を失ってしまうこともあります。

【対策】途中で挫折する

ひとつずつ終わらせる

 ひとつずつ終わらせる習慣をつければ、達成感を感じながら続けることができるでしょう。ひとつのことを終わらせてから次の作業にとりかかるようにしましょう。
 あせらずに行動して次にやることをメモを見たりして考える余裕を持ちましょう。

 

期限を決める

 やるべきことの期限を決めましょう。できるだけ短い時間で集中してやるようにします。
 ひとつずつ短期間でこなせるようなスケジュールを作り、リラックスする時間も作るようにしましょう。
 終わった後に自分にご褒美を用意しておくことも効果的です。

 

完璧を目指さない

 あれもこれも全部完璧にやろうとすると、ストレスがたまり、かえって最後までやりとげることができなくなります。
 やることがいっぱいだと感じるなら、目的を確認して、最低限どのくらいできればOKなのか考えてみるとよいでしょう。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?