ADHDな大人

忘れ物が多い

症状

 ADHDがある人は、忘れ物が多いという特徴があります。
 本人も自覚があり、周囲に悪いという意識もあるのですが、それでも治らず苦しんでいます。
 忘れ物の多さは、ADHDの基本症状である不注意が大きく関係しているのです。

 

 会議の資料を忘れますし、携帯電話をしょっちゅうお店に置いてきてしまいます。
 本人は何度も忘れ物をチェックしたのにと思うのですが、周りの人からは失敗しても反省しない人なんだと思われてしまいがちです。

 

 また、近年では脳のワーキングメモリ(作業記憶)機能の低下が注目されています。
 ワーキングメモリを司る前頭前野に問題が生じると、複数のことを同時にこなすことが困難になります。
 例えば、出かける準備をしている時に、電話がかかってきたりすると、もう電話のことで頭がいっぱいになります。そして、準備がおろそかになり、忘れ物が多発してしまうのです。

 

アナタは大丈夫?忘れ物のしやすさチェック
書類の記入漏れが多い
忘れ物をしたくないので大きなバッグを使っている
注意しても物をなくす
忘れ物が多いのは、自分のせいだと思う

2つ以上チェックがついた人は、忘れ物を防ぐための対策をしましょう。

【対策】忘れ物が多い

 ADHDの不注意の特性により、忘れ物を多くしてしまうと考えられています。
 不注意の特性は完全に消すことはできません。
 ですから、絶対に忘れないことを目指すのではなく、忘れにくくするための何かをすることを目指しましょう。
 「ここまで準備しておけば忘れようがない」という状況を作り出すことです。

 

 例えば、仕事に必要な物を玄関に置いておくというのはどうでしょう。家を出る時、必ず通るので見逃しません。
 このように、気づくきっかけを増やすことが忘れ物をしないコツです。

 

 また、メモは忘れ物対策の最大の味方です。メモのコツは2つしかありません。
 1.メモをすること
 2.メモを見ること
 この2つができれば、忘れ物はグッと減ります。
 常にメモを持ち歩きましょう。何か予定ができたらその場でメモしましょう。そして、毎日メモをみることを習慣にしましょう。

 

 それでもうまくいかない人は

  • 職場からの持ち返りを減らす。筆記用具などは会社に置いてくる。
  • 仕事の始めと終わりに、状況を整理する時間をとる。
  • 忘れた時の対策に、身近な人に予備の書類を渡しておく。
  • 持ち物リストを作る。

 などの対策をとってみましょう。

 

それでも失敗が絶えないという方へ

 自宅でできるADHDの改善プログラムが存在します。数々の発達障害の事例をまとめたもので、ADHDの改善に実際に使われている内容となっています。
 一度試してみるのもひとつの手段かと思います。=>ADHD改善プログラム

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?