ADHDの二次障害

ADHDの二次障害

 ADHDはさまざまな副次的な症状が現れ、二次障害につながります。

 

 ADHDの人は、手順を考えたり、時間配分がうまくできなかったりします。そのため、時間を守れなかったり、忘れ物をしたり、お金を使い過ぎたりしてしまい、日常生活に支障をきたしてしまったりします。

 

 周りから避難されたり、だめな自分を責めたりして、劣等感に苛まれたりうつ病や不安障害を誘発してしまうこともあります。

 

 また、落ち着きのない特性のため睡眠のリズムも乱れやすく、特定のものに対する強いこだわりのため依存症を併発してしまうこともあります。=>不眠やアルコール依存を誘発

ADHDの二次障害記事一覧

劣等感に苛まれやすい|ADHDな大人

症状 ADHDのある人は、幼い頃から失敗をとがめられつづけ、自身を失う傾向にあります。 精神的に落ち込み、否定的な考え方をするようになります。疎外感 友人を作れず寂しさを感じる。人との交流は無理だと思い込むふしがある。劣等感 周りの人と自分を見比べて、自分の良くないところばかりみて、落ち込む。低い自...

≫続きを読む

うつ病や不安障害を誘発|ADHDな大人

症状 ADHDのある人は、精神的なダメージにより、うつ病や不安障害などを発症してしまうケースもあります。 発症のきっかけには次のようなものがあります。人間関係仕事の失敗家庭内の問題金銭絡みの失敗 発症のきっかけはさまざまで、特定できない場合も多くあります。うつ病の症状 うつ病になると、気分の落ち込み...

≫続きを読む

不眠やアルコール依存を誘発|ADHDな大人

症状 ADHDのある人で特に衝動性の強い人は、生活のさまざまな場面で抑制がきかず、それが睡眠障害やアルコール依存症、摂食障害を引き起こすことがあります。発達障害そのものよりも大きな問題になるケースもあります。依存症 アルコールやタバコなど、ある特定のものに依存して、生活が破綻しかねない状態です。精神...

≫続きを読む

PTSDを合併しやすい|ADHDな大人

 大人のADHDの人は、健常な人よりPTSDを合併しやすいことが知られています。 PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、過去に受けた衝撃的な心的外傷体験(トラウマ)が元となって、さまざまな身体的、精神的なストレス障害を起こす精神疾患です。=>PTSD(心的外傷後ストレス障害) ADHDの人がPTS...

≫続きを読む

感覚異常を付随する|ADHDな大人

 大人のADHDの症状です。ADHDを含めた発達障害では、感覚異常が付随することがあります。 感覚異常には次のようなものがあります。聴覚過敏 大きな音や騒音、ザワザワとした環境に不快感を覚えます。小さな音でも違和感を覚える人もいます。耳栓をしたり、イヤホンで音楽を聞いたり、息抜きをしたりすることで対...

≫続きを読む

境界性パーソナリティ障害|ADHDな大人

 境界性パーソナリティ障害とは、見捨てられ不安や空虚感が特徴的なパーソナリティ障害です。その気分の激しさにより生活や仕事に支障が出ることはもとより、自傷行為や自殺企図といった命に関わるような危険行為をおかすケースも多くみられます。 以前からADHDであった人や子供の頃ADHDだった人が境界性パーソナ...

≫続きを読む

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?