ADHDの原因

ADHDの原因

 ADHDの原因について紹介します。

 

 ADHDの原因ははっきりとはわかっていませんが、基本的には脳の障害といえます。

 

 脳の機能障害神経伝達物質の伝達障害には、胎児期や出生時の異常や遺伝的要因が関係しています。

 

 また、育った環境が影響することもありますが、それはうつ病や不安障害などの二次障害の発生要因になったり、すでにあるADHDの悪化につながったりするということです。あくまでもADHDの一次的原因は脳の障害にあります。

ADHDの原因記事一覧

ADHDの原因 脳の機能障害

 ADHDの原因は脳の機能障害にあるといわれています。主に前頭前野と腹側線条体の2ヶ所が関わっていると考えられています。前頭前野 前頭前野は記憶をまとめたり、感情をコントロールする場所です。前頭前野は人間において最も高度に成長した部位です。その役割は注意の集中力・持続力、衝動や欲望のコントロール、想...

≫続きを読む

ADHDの原因 神経伝達物質の伝達障害

 神経伝達物質の伝達不全がADHDの原因の1つとされています。ADHDの人は、シナプス(情報伝達を行う部位)間の神経伝達物質(ノルアドレナリンなど)の密度が低く、情報伝達が正しく行われていないと考えられています。 神経伝達物質はシナプスから放出されて、別の神経細胞の受容体に結びついて情報を伝達します...

≫続きを読む

ADHDと遺伝の関係

 ADHDは遺伝するのでしょうか? 親がADHDの場合、脳の機能障害が子どもに遺伝し、子どももADHDになる可能性が高いです。ただ、必ず遺伝するわけではありません。 遺伝的な要因がADHDの原因の全てではありませんが、大人のADHDの人は遺伝的要素が発達過程に異常を生じさせていた場合もあります。

≫続きを読む