ADHDな大人

用事を先送りにする

症状

 ADHDがある人は、目先のものに気を取られてしまい、大事なことを先送りにしてしまうことが良くあります。
 「今は忙しいから」と言い訳をして、企画書の作成、請求書の作成、見積の作成、報告書の作成などを後回しにしてしまいます。
 最低限やらなければいけないことを放っておいて、嫌いなこと、不得意なことを敬遠しがちです。

 

 これは子どものころからみられる「先延ばし傾向」と呼ばれていて、原因は次のようなものとされています。

  • 自分の興味や関心の向いたことを優先してしまう。
  • 自分のやるべきことをすぐ忘れる。
  • 新しいことへの不安が強い。

 

 ADHDがある人は、ひとつの仕事を最後まで終わらせるのが苦手です。ほかの作業が気になると、つい手が出てしまいます。
 本人にとっては、どの作業も重要だと思ってやっているのですが、周りの人からは、要領の悪い人だと思われがちです。
 優先順位をつけるのも苦手で、どの作業も重要だと考えてしまいます。あれもこれもと同時進行してしまうので、いつまでたっても仕事が終わりません。

 

 いくつもの作業に不用意に手を出してしまうのは、ADHDの多動性の影響だと考えられます。

 

アナタは大丈夫?先送りタイプのチェック
目の前のことに意識を奪われやすい
何事もはじめは楽しんでできる
習い事が長続きしたい
頭の切り替えが苦手

 2つ以上チェックがついた人は、意識的に直していきましょう。

【対策】用事を先送りにする

 どの仕事もこなそうとすると、どれも中途半端になってしまいます。あれもこれも無理をせず、作業を小分けにして、一つひとつ片付けて行きましょう。
 注意が移りやすい人は、作業の同時進行をさけるとよいと考えられています。

 

 それでもうまくいかない人は

  • 作業を小分けにして、優先順位を書きだしてみる
  • 作業内容だけでなく、作業スペースも区切ってみる
  • 予定を整理しすぎず、言われた順に仕上げてみる
  • 「朝イチ」や「昼休みすぐ」など時間を決めてやる
  • タイマーを利用して、30分や1時間など、時間を区切って作業する。
  • 上司に進捗状況をこまめに報告する

 などの対策をとってみましょう。

 

それでも失敗が絶えないという方へ

 自宅でできるADHDの改善プログラムが存在します。数々の発達障害の事例をまとめたもので、ADHDの改善に実際に使われている内容となっています。
 一度試してみるのもひとつの手段かと思います。=>ADHD改善プログラム