ADHDの治療

ADHDの治療方法を考える

 ADHDとは日本語で「注意欠陥・多動性障害」のことをさし、発達障害の一種です。発達障害とは、子供が発達する過程でおこる障害で、何らかの原因によって、その発達過程が阻害され、運動、認知、抑制、言語などのさまざまな機能に障害が起こってしまうことです。発達障害には他に、LD(学習障害)やアスペルガー症候群と呼ばれるものがありますが、ADHDの子供には知的な遅れはなく、感情を自分自身でうまくコントロールすることができないだけの症状です。

 

 主な症状としては、注意力が散漫で、落ち着きがなく、感情のコントロールができないといったものが挙げられます。この症状が少なくとも2つ以上の状況(学校と家庭など)であらわれます。この特徴的な行動だけをみると、学齢期(6歳〜15歳)の子供の7%〜10%前後の子供があてはまりますが、日常生活や学習において支障をきたす子供は3%前後となっています。そのため、一般にADHDの有病率は3%前後とされていますが、成人後の頻度は日本ではデータがほとんどんどなく不明です。しかし、確実に大人のADHDも存在します。

ADHDの治療方法

 では、ADHDの治療方法はどのようなものがあるのでしょうか。治療方法としては薬による治療と、薬以外の治療方法に分けられます。

 

 薬による治療方法では、「リタリン」という薬が使われていましたが、2008年1月に厚生労働省がこの「リタリン」を実質的に使用を禁止し、処方が可能な医療機関は全国で100か所程度になってしまいました。原因は「リタリン」の不正処方などにあったようです。そのため、現在では「コンサータ」という薬が多く使用されるようになりましたが、18歳未満に診断されたADHDの患者に使われる薬であるため、大人のADHD患者は取り残されたままになっていました。しかし、2013年12月、厚生労働省が適用を拡大し、コンサータも「大人のADHD」の患者に使えるようになりました。これらの薬を服用している間は多動がおさまり、物事に集中しやすくなります。しかし、飲み過ぎると、食欲不振や頭痛などの症状が出ることがあり、正しく服用しなければなりません。
 =>ADHDの薬

 

 薬以外の治療方法としては、認知行動療法カウンセリング療法があります。

 

 その他には「トークンエコノミー」というものがあります。何かをうまくできたときには言葉で褒めるだけでなく、具体的な「ごほうび」を与える方法です。また、やってはいけない行動も前もって提示しておきます。「ごほうび」と「罰」は、提示した行動があらわれたとき、すぐに行います。課題は低めに設定し、達成感を得やすいようにしておくことも大切です。

ADHD治療のきっかけ

 ADHDで治療するきっかけはいくつかのパターンに分けることができます。

 

 まず、本人または周りの人が本人を連れてADHDではないかと受診に来るパターンで、もっとも多いといえるでしょう。

 

 また、うつ病や不安障害など他の病気の治療をしていくうちに、ADHDが露呈し、本格的にADHDの治療を始めるというパターンもあります。精神疾患の原疾患がADHDであることも少なくありません。

 

 そして、子どもの治療中に親のADHDが発覚するパターンもあります。子どもがADHDの治療を続けているうちに、実は自分もADHDではないかと医師に相談にくるのです。そういった人は普段から生きづらさを感じていたものの自分が病気であるとは分からずにいて、子どものADHDを目の当たりにすることで、自分がADHDではないかと気づくのです。

 

 きっかけはさまざまですが、ADHDも他の疾患と変わらず、早期に治療することが大切です。

ADHDの治療記事一覧

ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談

 ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談を紹介します。 私は、成人してからADHDであるとを診断されました。現在でもしっかりと医療機関で治療を行っています。 以前に職場内で人間関係のトラブルがありました。上司のすすめもあり、会社の近くの心療内科を受診することにしました。そこでADHDだとい...

≫続きを読む

効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談

 効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談です。 私は、子供のころから落ち着かない性格であることを自覚していたのですが、社会生活を送るにつれて同僚や友人などに迷惑をかけることが増えてきました。 はじめのころは、私の個性であると思っていたものの、両親から精神科を受診することをアドバイスされたこ...

≫続きを読む

ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談

 ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談です。 ADHDは、注意欠如多動性障害のことをいいます。 通常よりも注意力がなく、こうした障害を特徴的に持っている行動力の障害といわれています。神経生物学的な障害とも言われており、症状としては基本的には三つに分かれます。一つは不注意、二つ...

≫続きを読む

小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談

 小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談です。 子供のころから些細な不注意が多く、私はその度に周囲に怒られてきました。しかし自分でも気を付けることができず、どうして怒られているのかさえもよくわかっていませんでした。 社会人になってからは、会社の人たちに教えられた仕事が覚えられず、よくミ...

≫続きを読む

幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談

 幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談です。 僕自身、幼少の頃からADHDの治療などを受けています。最近では多くの病院で治療をしてくれるので、病気で悩んでいる人間にとっては、色々と比較をして、自分に合う治療を受けられるので、とてもありがたい世の中になっていると思います。 ADHDと診断さ...

≫続きを読む

子供のADHDの治療について

 ADHDは子供に目立つ疾患です。主な症状としては、不注意・多動・衝動という3つの分野があげられます。不注意とは、集中力が続かず気が散りやすいといった症状です。忘れ物が多かったり他人の話を聞くことが苦手で、不器用であったりします。多動・衝動に関しては、落ち着きがなく、じっとして座っていることが苦手と...

≫続きを読む

ADHDは何科で受診する?

 ADHDは何科で受診すればよいでしょうか? ADHDを診てくれる診療科は、心療内科か精神科です。メンタルヘルス科といった名前の診療科でもOKです。 最近では大人のADHDに対応している精神科医も多くなっていますが、念のため、大人のADHDに対応してるか問い合わせてみるとよいでしょう。 近くに大人の...

≫続きを読む

【体験談】早期治療の大切さを感じました

 ADHDのお子様がいる方が早期治療の大切さを感じたという体験談を紹介します。 私の子供は他の子とくらべて少し違う感じがあり、友達とも家族ともうまく会話ができていませんでした。おかしいと思い精神科を受診したところ、ADHDだと診断されました。ADHDの原因は脳の機能障害でもありますし、ADHDの症状...

≫続きを読む

【体験談】他の治療をしているうちにADHDが露呈

 他の精神疾患の治療をしているうちにADHDが露呈したという方の体験談を紹介します。 私は40歳の男性です。妻と子供が1人います。 うつ病で薬物治療を続けていたのですが、そのうちに薬なしではいられなくなり、衝動的に薬を処方より頻繁に飲むようになってしまいました。そのようなことを繰り返すうちに、医師に...

≫続きを読む

ADHDの薬

 ADHDの薬には、ストラテラ(一般名:アトモキセチン)とコンサータ(一般名:メチルフェニデート)があります。 これらの薬が大人に適用されるようになったのはわりと最近のことで、ストラテラが成人に使えるようになったのは2012年8月、コンサータが使えるようになったのは2013年12月です。

≫続きを読む

認知行動療法-ADHDの治療

 認知行動療法とは、”認知の歪み”という考え方のクセを矯正していく療法です。 代表的な認知の歪みには次のようなものがあります。マイナス思考…全てを悪い方向へ考える。過度な一般化…ひとつの見方を全体に当てはめて考える。べき思考…「〜しなければならない」と決めつけて考える。二曲思考…ものごとを0か1かで...

≫続きを読む

カウンセリング療法-ADHDの治療

 カウンセリング療法は、医師やカウンセラー話し合ってADHDに伴う問題を解決していこうとするものです。 カウンセリング療法では、次のようにして問題を解決していきます。ADHDに伴う気持ちや抱えている問題の整理自分の長所や短所、どんなときにミスをするかなどの現状の把握人前でのふるまい方や、効率的な仕事...

≫続きを読む

ADHD改善プログラム

 ADHDは基本的に脳の障害なので、完全に治るということはありません。しかし、改善は可能です。それには正しい知識と実践が必要です。ADHDの改善に極めて有効な改善プログラムの販売資料を紹介します。一般の書店では売っていないものです。アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル 須藤裕司氏によるADHD...

≫続きを読む