大人のADHD

ADHD診断

 ADHDの傾向をチェックします。
 ADHDの可能性がある場合、より強く表れているADHDの特性(不注意・多動性・衝動性)を表示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックした内容を確認し、これでよろしければ、「チェック」ボタンを押してください。

医師による診断を

 これらの項目がたくさんあてはまったとしても、必ずADHDと診断されるわけではありません。精神疾患にはADHDの症状と似た疾患があり、ADHDの診断ではそれらの疾患と区別される必要があります。ADHDの症状と似た疾患には、統合失調症不安障害境界性パーソナリティ障害アスペルガー症候群などがあります。

診断に役立つ情報

 診断には子供の頃の様子が分かる記録が役に立ちます。通知表の先生からのコメント、親からの情報などです。また、周りの人からの声も参考になります。職場の上司、配偶者などからの情報があれば、診断にとても役立ちます。

最速でADHDの改善を狙いたい方へ

 忘れっぽい、片付けができない、仕事や家事がうまくできないなどといったADHDの症状に悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。
 いち早くこの状況を打開したい方のために、自宅でできるADHDの改善プログラムが存在します。
 数々の発達障害の事例をまとめたもので、ADHDの改善に実際に使われている内容となっています。
 一度試してみるのもひとつの手段かと思います。=>ADHD改善プログラム