大人のADHDの障害者手帳と障害年金

大人のADHDの障害者手帳と障害年金

 大人のADHDの障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)と障害年金について紹介します。

 

 ADHDの方は生活や仕事に支障が出ますので、こういった公的制度を上手く利用しましょう。

 

 ただし、大人のADHDでは障害者手帳は取得できるケースはあっても、障害年金を受給できるケースはほぼありません。

 

 障害年金を受給対象となる精神障害は、重度のうつ病や統合失調症に限られていて、ADHDなどの発達障害は対象外となっています。

 

 ADHDの支援においては、障害年金ではなく、障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)の取得を目指したほうが得策といえるでしょう。

 

2016年から障害者雇用義務の対象に精神障害者が追加される

 2016年4月の改正障害者雇用促進法の施行により、障害者雇用義務の対象に精神障害者が追加されます。
 ADHDの方が就職を有利に進めるには、障害者手帳を取得した上で、この精神障害者雇用枠を狙うと良いといえるでしょう。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?