ADHDな大人

空気が読めず人の話が聞けない

症状

 ADHDがある人は、空気が読めず、人の話が聞けないことがよくあります。
 ADHDの基本症状である多動性・衝動性・不注意のために、対人スキルが身につかないのです。
 一般的に次のような傾向があります。

  • 人との約束や社会のルールを守れない
  • 自己中心的、協調性に乏しい
  • 人の気持ちを読むが、それに適した対応ができない
  • 感謝・共感・反省の気持ちを表現できない
  • 孤立しやすい

 

アナタは大丈夫?空気読めないタイプのチェック
みんなで楽しく遊んでいる時にルールを破ってぶち壊しにする
自分の興味のあることを一方的に喋って、人の言うことを聞かない
平気で人を傷つけることを言う
人に助けられても、ありがとうと言えない

2つ以上チェックがついた人は、意識的に直していきましょう。

【対策】空気が読めず人の話が聞けない

 対人スキルの未熟さは致命的です。仕事でも苦労しますし、社会で孤立します。
 しかし、ADHDの人は、人と親しくしたいという気持ちは持っています。そこがアスペルガー症候群の人とは大きく違うところです。

 

 対人スキルを訓練するSSTという療法があります。しかし、大人になってからでは、あまり効果が期待できないという報告もあります。
 生活環境を整えたり、職業の見直しなどを検討したほうが現実的ともいえます。

 

それでも失敗が絶えないという方へ

 自宅でできるADHDの改善プログラムが存在します。数々の発達障害の事例をまとめたもので、ADHDの改善に実際に使われている内容となっています。
 一度試してみるのもひとつの手段かと思います。=>ADHD改善プログラム

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?