大人のADHD

ADHDの原因 脳の機能障害

 ADHDの原因は脳の機能障害にあるといわれています。主に前頭前野と腹側線条体の2ヶ所が関わっていると考えられています。

前頭前野

 前頭前野は記憶をまとめたり、感情をコントロールする場所です。前頭前野は人間において最も高度に成長した部位です。その役割は注意の集中力・持続力、衝動や欲望のコントロール、想像力、認知能力、意欲発動などに密接に関係しています。ADHDの人はこの前頭前野の働きが低下しています。そのため、行動や感情のコントロールができなくなったり、忘れっぽくなったりします。また、注意を持続できず、すぐに飽きてしまいます。

腹側線条体

 腹側線条体は衝動のコントロールを行なっています。ADHDの人はこの腹側線条体の働きが低下しています。そのため、衝動を抑えることができなくなり、やらなくてはいけないことがあっても、目先の誘惑に負けてしまいます。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

ADHDの原因 脳の機能障害関連ページ

ADHDの原因 神経伝達物質の伝達障害
神経伝達物質がうまく伝達されてないことがADHDの原因の1つであると考えられています。
ADHDと遺伝の関係
ADHDは脳の機能障害が原因ですが、それは遺伝するのでしょうか?