ADHDな大人

境界性パーソナリティ障害

 境界性パーソナリティ障害とは、見捨てられ不安や空虚感が特徴的なパーソナリティ障害です。その気分の激しさにより生活や仕事に支障が出ることはもとより、自傷行為や自殺企図といった命に関わるような危険行為をおかすケースも多くみられます。

 

 以前からADHDであった人や子供の頃ADHDだった人が境界性パーソナリティ障害の症状を発症するというケースが少なくありません。

 

 ADHDと境界性パーソナリティ障害の間に確実な医学的因果関係があるとは分かっていません。ADHDの子供を育てる環境が、境界性パーソナリティ障害を生みだしやすいのではないかとみられています。

 

 ADHDの子供は、親から抑えつけられるような養育を受けがちです。気分の不安定さといった素養を持った人が、そのような養育環境で育つことで、境界性パーソナリティ障害になってしまうのではと考えられています。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

境界性パーソナリティ障害|ADHDな大人関連ページ

劣等感に苛まれやすい
大人のADHDの症状です。幼い頃から失敗をとがめられつづけ、自身を失っている人がいます。劣等感に苛まれた人は、どう対策すればいいでしょうか?
うつ病や不安障害を誘発
大人のADHDの症状です。精神的なダメージにより、うつ病や不安障害を発症してしまうケースもあります。どのようにすればよいでしょうか?
不眠やアルコール依存を誘発
大人のADHDの症状です。衝動性の強い人は、生活のさまざまな場面で抑制がきかず、それが睡眠障害やアルコール依存症、摂食障害を引き起こすことがあります。
PTSDを合併しやすい
大人のADHDの症状です。健常な人よりPTSDを合併しやすいことが知られています。
感覚異常を付随する
大人のADHDの症状です。ADHDを含めた発達障害では、感覚異常が付随することがあります。