ADHDな大人

PTSDを合併しやすい

 大人のADHDの人は、健常な人よりPTSDを合併しやすいことが知られています。

 

 PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、過去に受けた衝撃的な心的外傷体験(トラウマ)が元となって、さまざまな身体的、精神的なストレス障害を起こす精神疾患です。=>PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

 ADHDの人がPTSDになりやすい要因には、次のようなものがあります。

  • 脳の機能障害により、ストレス耐性が低い。
  • 危険を伴うレジャーを好むなど、事故に遭うリスクが高い。

【対策】PTSDを合併しやすい

 PTSDの症状が現れたと感じたら、精神科などを受診しましょう。すでに専門医にかかっている場合は、PTSDの症状が現れる旨を相談しましょう。他の病気と同様、早期発見が治療の経過を良くします。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

PTSDを合併しやすい|ADHDな大人関連ページ

劣等感に苛まれやすい
大人のADHDの症状です。幼い頃から失敗をとがめられつづけ、自身を失っている人がいます。劣等感に苛まれた人は、どう対策すればいいでしょうか?
うつ病や不安障害を誘発
大人のADHDの症状です。精神的なダメージにより、うつ病や不安障害を発症してしまうケースもあります。どのようにすればよいでしょうか?
不眠やアルコール依存を誘発
大人のADHDの症状です。衝動性の強い人は、生活のさまざまな場面で抑制がきかず、それが睡眠障害やアルコール依存症、摂食障害を引き起こすことがあります。
感覚異常を付随する
大人のADHDの症状です。ADHDを含めた発達障害では、感覚異常が付随することがあります。
境界性パーソナリティ障害
ADHDの人が境界性パーソナリティ障害の症状を発症するというケースもあります。