ADHDな大人

劣等感に苛まれやすい

症状

 ADHDのある人は、幼い頃から失敗をとがめられつづけ、自身を失う傾向にあります。
 精神的に落ち込み、否定的な考え方をするようになります。

 

疎外感

 友人を作れず寂しさを感じる。人との交流は無理だと思い込むふしがある。

劣等感

 周りの人と自分を見比べて、自分の良くないところばかりみて、落ち込む。

低い自己評価

 自分をダメな人間だと思い込む。認知の歪み(考え方の偏り)や自暴自棄な態度につながる。

抑うつ

 無力感。何もする気が起きない。

 

 このような感情から、自己否定的な考え方しかできなくなったり、周りの人の意見を耳を傾けなくなったり、何事もなげやりになったりします。

【対策】劣等感に苛まれやすい

 自分を信じることが大切です。自分を信じるためには、考え方を変え、失敗と向き合う必要があります。なぜ失敗したのか考え、答えを探していきましょう。家族や友人とよく話し合いをし、客観的にみる努力をしましょう。
 医療機関で診察を受けることも大切です。自分がどんな病気なのかを知ることは、自分自身を客観的にみる助けになります。

 

 周りの人によるサポートも大切です。ダメな点を指摘するのではなく、良い面を言葉にして伝えてあげましょう。日常生活で失敗しないための仕組みづくりをしてあげましょう。疲れているようだったら、一泊くらいの旅行や友達との食事に行かせたりするなど、リフレッシュさせてあげましょう。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

劣等感に苛まれやすい|ADHDな大人関連ページ

うつ病や不安障害を誘発
大人のADHDの症状です。精神的なダメージにより、うつ病や不安障害を発症してしまうケースもあります。どのようにすればよいでしょうか?
不眠やアルコール依存を誘発
大人のADHDの症状です。衝動性の強い人は、生活のさまざまな場面で抑制がきかず、それが睡眠障害やアルコール依存症、摂食障害を引き起こすことがあります。
PTSDを合併しやすい
大人のADHDの症状です。健常な人よりPTSDを合併しやすいことが知られています。
感覚異常を付随する
大人のADHDの症状です。ADHDを含めた発達障害では、感覚異常が付随することがあります。
境界性パーソナリティ障害
ADHDの人が境界性パーソナリティ障害の症状を発症するというケースもあります。