ADHDな大人

感覚異常を付随する

 大人のADHDの症状です。ADHDを含めた発達障害では、感覚異常が付随することがあります。
 感覚異常には次のようなものがあります。

 

聴覚過敏

 大きな音や騒音、ザワザワとした環境に不快感を覚えます。小さな音でも違和感を覚える人もいます。耳栓をしたり、イヤホンで音楽を聞いたり、息抜きをしたりすることで対処しましょう。

 

視覚過敏

 日光や照明などの光を眩しく感じます。サングラスを使用したり、照明を調整して対処しましょう。

 

嗅覚過敏

 ちょっとした臭いでも不快に感じます。マスクを使ったり、脱臭器を使ったりすることで対処しましょう。

 

感覚過敏

 体に触れられることに不快感を覚えます。このようなタイプの人には、容易に握手をしたり、肩を触ったりしないよう注意しましょう。

 

疲労を感じない

 疲れているのに疲れを感じなかったり、睡眠不足なのにそれを感じなかったりします。周りの人は注意してあげるようにしましょう。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

感覚異常を付随する|ADHDな大人関連ページ

劣等感に苛まれやすい
大人のADHDの症状です。幼い頃から失敗をとがめられつづけ、自身を失っている人がいます。劣等感に苛まれた人は、どう対策すればいいでしょうか?
うつ病や不安障害を誘発
大人のADHDの症状です。精神的なダメージにより、うつ病や不安障害を発症してしまうケースもあります。どのようにすればよいでしょうか?
不眠やアルコール依存を誘発
大人のADHDの症状です。衝動性の強い人は、生活のさまざまな場面で抑制がきかず、それが睡眠障害やアルコール依存症、摂食障害を引き起こすことがあります。
PTSDを合併しやすい
大人のADHDの症状です。健常な人よりPTSDを合併しやすいことが知られています。
境界性パーソナリティ障害
ADHDの人が境界性パーソナリティ障害の症状を発症するというケースもあります。