ADHDの治療

子供のADHDの治療について

 ADHDは子供に目立つ疾患です。主な症状としては、不注意・多動・衝動という3つの分野があげられます。不注意とは、集中力が続かず気が散りやすいといった症状です。忘れ物が多かったり他人の話を聞くことが苦手で、不器用であったりします。多動・衝動に関しては、落ち着きがなく、じっとして座っていることが苦手といった症状です。

 

 小学生時代を思い出してみてください。授業中にすぐに席を立ち歩き回ったり、叫び声をあげる子供がいた記憶はないでしょうか。その時は単に不思議な人だと感じていたかもしれませんが、今思えばその子はADHDだったのかもしれません。

 

 子供のADHDにはどのような治療方法があるのでしょうか。

 

 大きく分けると、薬による治療と教育的支援があります。薬による治療とは、脳内の神経伝達物質の促進を助ける薬を飲むことです。もう一つは、子供の周辺環境を整えていく方法です。子供自身が適切な判断や行動をコントロールできるように保護者などが手助けする方法です。これは、親にとっての適切な行動を子供にさせるのではなく、子供自身が適切な行動を取るように促すという意味です。これらの治療により、子供の人間関係の改善を助けることができるとされています。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

子供のADHDの治療について関連ページ

ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談
ADHDの治療に前向きに取り組んでいる方の体験談を紹介します。
効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談
効果的なADHDの治療をしたいと感じた方の体験談を紹介します。
ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談
ADHDの知識を身につけた上で治療に取り組んでいる方の体験談です。
小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談
小さい頃から不注意の多かった方のADHD治療の体験談です。
幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談
幼少の頃からADHDの治療を受けてきた方の体験談です。
ADHDは何科で受診する?
ADHDは何科で受診すればよいでしょうか。
【体験談】早期治療の大切さを感じました
ADHDのお子様がいる方が早期治療の大切さを感じたという体験談を紹介します。
【体験談】他の治療をしているうちにADHDが露呈
他の精神疾患の治療をしているうちにADHDが露呈したという方の体験談を紹介します。
ADHDの薬
ADHDの薬を紹介します。
認知行動療法-ADHDの治療
認知行動療法によるADHDの治療について紹介します。
カウンセリング療法-ADHDの治療
カウンセリング療法によるADHDの治療について紹介します。
ADHD改善プログラム
ADHDは基本的に脳の障害なので、完全に治るということはありません。しかし、改善は可能です。それには正しい知識と実践が必要です。このページでは改善に極めて有効な資料を紹介します。