大人のADHD体験談

カウンセリングで欠点を直視できるようになった

20代男性

 

発病までの背景

 子供の頃はとにかく活発な子として親や教師からも評価され、友人関係も広くて人気者だと言われていました。私自身クラスの中心に位置すると思っていましたし、事実様々な行事やイベントでは中心を切ってことを進めていたのでいつも輪の真ん中にいることが当たり前と思っていました。一人っ子で親からもそういう活発さを褒められて過ごしていましたが、高校生くらいの頃からあいつは自己主張が激しいとか自分勝手だと言われて疎んじられることが増えていました。社会人になったときも最初は評価されていましたが徐々にその疎んじられる要素が増えていきました。

 

大人になって現れたADHDの症状

 仕事はとにかく若い頃はなんでも引き受けるべき、失敗は恐れないというスタイルでやっていました。二年目から三年目くらいまではそのスタイルは上司からも評価されていて、このやり方をあきらめるなと褒められていましたが、徐々に興味のあることに偏りがち、最後までやり遂げられない、周囲の力を引き出す努力をした方がいいと言われるようになりました。事実、なかなか成果は出せなかったですし、周囲からも一緒に仕事をしたくないという空気を出されてしまいました。何が自分で悪いのかもわからず、幼少の頃から褒められてきたチャレンジ精神をとやかく言われることに対して反発して余計に仕事に多く手を出すようになっていきました。そのいずれもなかなか成果は挙げられていませんでした。

 

私が行った治療

 親や友人からは疎んじられたり変に褒められたりばかりだったのですが、仕事上の悩みをたまたま親戚に相談していたときに職場にそういう人がいてADHDと診断されていたから一度同じように見てもらったらどうかと言われました。
 紹介された医師に言わせると多動性・衝動性優勢型と言われるADHDの症状が見られるらしく、カウンセリングと投薬がされることとなりました。月に一度の通院でカウンセラーと対面して、様々なケーススタディで周りが自分のことをどう見ているのかを学習していきました。欠点を直視するようで非常に辛いものでしたが、何となく嫌われていたところの理由がわかってきました。投薬は衝動性を抑える効果のある鎮静剤で毎朝晩服用しました。

 

その後

 とにかく衝動で行動してしまうことが多いのをやめたほうがいいというアドバイスに従って、次々にやりたいことが出てくるのをグッとこらえてつまらなくなっても仕事を最後まで終わらせて次に挑むように心がけています。それでも人の話を聞かないだとか文句を言われるようになりましたが、私が少なくともそうしようと努力しているのは理解してくれる人が増えてきて多少居心地はよくなりました。性格や性質は症状から来るものなのでなかなか変えられないですが、心持ちで周りの人からの見え方は変えられそうです。

 

 

大人のADHD体験談-カウンセリングで欠点を直視できるようになった関連ページ

ADHDは治療をすれば改善する
私は子供の頃から集中力が続かないとか落ち着かないと言われ続けてきて、自覚もしていました。
うちの子が少しおかしいと感じました-ADHD体験談
5歳の子供は入園後、片付けができない、じっとしていられないといった特徴が現れてきました。
ADHDかもしれないと感じたときは医師に相談を
就職して仕事を始めてから、もしかしたら自分は何かの病気なのかもしれないと疑うようになりました。
性格だと思って見過ごしていませんか?-ADHD体験談
物忘れが酷かったり、時間の管理が人一倍ルーズだったり…これらの症状を、自分の性分なのだと決めつけていませんか?
ADHDの男の子との接し方
私の子供は女の子なのですが、1番仲が良いママ友の子供(男の子)が、「多動性・衝動性優勢型」のADHDです。
ADHDという言葉との出会い
今から20年ほど前のことですが、当時私は、やたらと育てにくい息子に手を焼いていました。
ADHDの治療に焦りは禁物
ADHDは完全に治る病気ではありませんが、寛解が可能な病気です。
ADHDの兄を持つということ
兄が言って良いことと悪いことの区別がつかずに発言をするため、子供の頃から弟としてフォローをしてきました。
ADHDに向き合うことの大切さ
ADHDの症状には、大人になってからも悩まされます。
ADHDの息子のことを考えると不安で仕方がありません
6歳の男の子を持つ母親ですが、昨年ADHDと診断されて、大きなショックを抱えてしまいました。
ADHDということがはっきりしてよかった
自分の子供だけ他の子達とは違う感じがあって、もしかして何かしらの障害などがあるのではないかと不安に思うようになったのです。
ADHDだったことに驚きはありませんでした
ADHDだと診断されたときには、驚きはなくむしろ病気であることがわかったことでホッとした思いがありました。
じっとしていられない子ども 早めにADHDとわかってよかった
落ち着いてじっとしているということが苦手なようでこれは少し様子がおかしいかもしれないと思うようになったのです。
大人のADHD体験談-家族のため、社会に適合するよう頑張っている
仕事でも自分がこれでよいというところが、上司からすると仕事が完了していないと言われ、違和感を感じ、どうやら自分は人とは違うのだと思うようになってきました。
大人のADHD体験談-上司が配慮してくれるようになった
私がADHDと診断を受けてから、上司は配慮してくれるようになりました。例えば、これまでマニュアル以外のことは口頭で注意をしていましたが、それが書面で注意するようになりました。
大人のADHD体験談-数字と向き合うなかで症状が悪化した
私は某企業の経理関係に大卒後、就職したのですが、日々、煩雑な数字と向き合う中で、よりADHDの症状が顕著になり、ミスも頻発しました。
大人のADHD体験談-ケアレスミスが多いのに、仕事ができる人間と思われたかった
「仕事で認められたい」「仕事ができる人間と思われたい」との気持ちが強く、今から振り返ると本来的には苦手であることを、必死に頑張りすぎてストレスを抱えていたなと思います。