大人のADHD体験談

母と一緒にADHDと向き合っている

30代女性、当時20代

 

発病までの背景

 私は自然に囲まれた、とてものどかな場所で生まれ育ちました。
 両親に叱られた記憶もほとんどなく、たくさんの愛情を受けました。
 私には歳の離れた兄がおりますが、兄との関係も非常に良いと思います。
 私は、好きなことには時間を忘れて没頭するタイプです。
 例えば、小学校の時に初めて縄跳びで交差跳びができるようになりました。
 それがあまりに嬉しくて、休み時間の終わりを告げるチャイムにも気付かないでずっと跳び続けていたことがあります。
 友人はゼロではありませんでしたが、集団行動が苦手なので、あまりグループには溶け込めませんでした。
 単独行動が多かったように思います。

 

大人になって現れたADHDの症状

 大学を卒業後、社会人として働き始めました。
 職種は営業事務だったのですが、とにかくミスが多く、上司からよく指摘されていました。
 自分ではしっかり注意しながら仕事をしているつもりなのですが、結果的にミスが多くなっています。
 学生時代に販売のアルバイトをしていましたが、その時はほとんど注意を受けたことはありません。
 お客様から叱責されたこともなく、先輩からは可愛いがられていた方でした。
 しかし、社会人になってから仕事でミスを連発するようになり、周りの目は厳しくなりました。
 同期は励ましてくれるものの、目は笑っておらず「しっかりしてよ」と言いたげでした。
 発注ミスなどが積み重なり、得意先からもクレームがくるようになった時、とうとう上司に呼び出されたのです。
 注意散漫なのではないかと問い質されました。
 周りからの冷たい視線がどんどんプレッシャーになり、最終的には退職願を出しました。

 

私が行った治療

 なぜこれほどまでミスをしてしまうのか、注意しても必ずミスをする原因が私自身全くわかりませんでした。
 特に悩みがあったわけでもなく、ただ普段通りに行動しているのに間違いを起こしてしまうのです。
 そのことが非常に辛く、自信もなくなってきました。
 その頃、身の回りの物がよく無くなり始めていました。
 特に家の鍵に関しては何度無くしたかわからないほどです。
 さらには、鍵を無くしたことを親に伝えようと思いながら、他のことに気を取られて、無くしたことの報告すら忘れてしまうことがありました。
 自分では細心の注意をはらっているのにうまくいかない。
 「何かが欠けている」とその時初めて思いました。
 親に相談し、一度病院で診てもらうことにしました。
 何科に行けば良いのかわからなかったので、とりあえず総合病院の内科へ行くと、そのまま精神科へ回されました。
 医師から幾つかの質問が出され、それに答えていると、医師から「ADHDの可能性が高いですね。」と言われました。
 ADHDという言葉を知らなかったので、私も母も驚き二人でキョトンとしました。
 医師からADHDについての説明を聞くと、まさに自分のことだと思いました。
 母も「そう言えば・・・」と過去のわたしに見受けられた言動をいくつか伝えていました。
 ADHDは大人になってから発症することは少ないということなので、今まで気付かなかったのだろうという結論に至りました。
 生きにくいと感じていた私の気持ちが初めてフワリと包まれた感じがしたのを覚えています。

 治療は薬物療法で、子供も飲んでいるような軽いものを服用することになりました。

 

その後

 薬物療法だけに頼らず、自分でできることは何かをずっと考えていました。そしてとにかく基本的なことをできるようになろうと思い、報連相を徹底するよう努めました。
 物を無くしたり、何かうまくいかなかった時などは、必ずメモを取るようにしています。それを帰宅後に母に見せて、母とともに解決策を考えるというようなやり方をしています。有難いことに母はとても親身になって私に寄り添ってくれました。ですから私の方も心が暗くなることなく、この病気と向き合えている気がします。

ADHDの診断や治療は専門の医療機関にてお受けください。 =>ADHDは何科で受診する?

 

 

大人のADHD体験談-母と一緒にADHDと向き合っている関連ページ

ADHDは治療をすれば改善する
私は子供の頃から集中力が続かないとか落ち着かないと言われ続けてきて、自覚もしていました。
うちの子が少しおかしいと感じました-ADHD体験談
5歳の子供は入園後、片付けができない、じっとしていられないといった特徴が現れてきました。
ADHDかもしれないと感じたときは医師に相談を
就職して仕事を始めてから、もしかしたら自分は何かの病気なのかもしれないと疑うようになりました。
性格だと思って見過ごしていませんか?-ADHD体験談
物忘れが酷かったり、時間の管理が人一倍ルーズだったり…これらの症状を、自分の性分なのだと決めつけていませんか?
ADHDの男の子との接し方
私の子供は女の子なのですが、1番仲が良いママ友の子供(男の子)が、「多動性・衝動性優勢型」のADHDです。
ADHDという言葉との出会い
今から20年ほど前のことですが、当時私は、やたらと育てにくい息子に手を焼いていました。
ADHDの治療に焦りは禁物
ADHDは完全に治る病気ではありませんが、寛解が可能な病気です。
ADHDの兄を持つということ
兄が言って良いことと悪いことの区別がつかずに発言をするため、子供の頃から弟としてフォローをしてきました。
ADHDに向き合うことの大切さ
ADHDの症状には、大人になってからも悩まされます。
ADHDの息子のことを考えると不安で仕方がありません
6歳の男の子を持つ母親ですが、昨年ADHDと診断されて、大きなショックを抱えてしまいました。
ADHDということがはっきりしてよかった
自分の子供だけ他の子達とは違う感じがあって、もしかして何かしらの障害などがあるのではないかと不安に思うようになったのです。
ADHDだったことに驚きはありませんでした
ADHDだと診断されたときには、驚きはなくむしろ病気であることがわかったことでホッとした思いがありました。
じっとしていられない子ども 早めにADHDとわかってよかった
落ち着いてじっとしているということが苦手なようでこれは少し様子がおかしいかもしれないと思うようになったのです。
大人のADHD体験談-家族のため、社会に適合するよう頑張っている
仕事でも自分がこれでよいというところが、上司からすると仕事が完了していないと言われ、違和感を感じ、どうやら自分は人とは違うのだと思うようになってきました。
大人のADHD体験談-上司が配慮してくれるようになった
私がADHDと診断を受けてから、上司は配慮してくれるようになりました。例えば、これまでマニュアル以外のことは口頭で注意をしていましたが、それが書面で注意するようになりました。
大人のADHD体験談-数字と向き合うなかで症状が悪化した
私は某企業の経理関係に大卒後、就職したのですが、日々、煩雑な数字と向き合う中で、よりADHDの症状が顕著になり、ミスも頻発しました。
大人のADHD体験談-ケアレスミスが多いのに、仕事ができる人間と思われたかった
「仕事で認められたい」「仕事ができる人間と思われたい」との気持ちが強く、今から振り返ると本来的には苦手であることを、必死に頑張りすぎてストレスを抱えていたなと思います。
大人のADHD体験談-カウンセリングで欠点を直視できるようになった
月に一度の通院でカウンセラーと対面して、様々なケーススタディで周りが自分のことをどう見ているのかを学習していきました。欠点を直視するようで非常に辛いものでしたが、何となく嫌われていたところの理由がわかってきました。
大人のADHD体験談-ミスを繰り返すので働けなくなった
同じようなミスを繰り返してしまうので、その度に怒られます。そして次第に精神状態が不安定になり、働けなくなりました。
大人のADHD体験談-適切に治療を受け障害者手帳を利用しつつ普通に生活できている
ADHDでも普通に仕事をして結婚できるので、お医者さんの指示のもと、カウンセリングや薬物療法をしっかりと受けてくださいね。また、私の場合は障がい者手帳をもらうことができたので、これも普通に生活できている理由のひとつです。
大人のADHD体験談-自分をコントロールできるよう訓練中です
自分で何とか前に進もうと、お医者さんに言われたとおりに自分をコントロールする、リラックスさせる、自分の時間をどのように使うか考えるといった訓練をしています。
大人のADHD体験談-5分で集中力が切れてしまう
あまりにも授業に集中できず、病院にいったところ、ADHDと診断されました。